サイトメニューを読み飛ばして本文へ移動

個人情報保護基本方針(プライバシーポリシー)

2017年3月1日
大江戸温泉物語株式会社
株式会社山下家
片山津大江戸温泉物語株式会社
株式会社レオマユニテイー
大阪観光株式会社
株式会社大江戸温泉レインボー
合同会社香川県観光開発

個人情報のお取り扱い

大江戸温泉物語株式会社(以下「当社」といいます。)および当社の子会社(以下、併せて「当社グループ」といいます。)は、お客様の個人情報の重要性を認識し慎重に扱うとともに、よりよいサービスや商品を提供させていただくため、以下の取り組みを推進し、責任を持ってお客様の個人情報を保護いたします。

  1. 法令等の遵守
    当社グループは、あらゆる事業活動において、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号、以下、「法」といいます。)その他関係する法令等を遵守いたします。
  2. 社内体制
    当社グループは個人情報の取扱いおよびシステムに関して、社内規程及び業務毎に必要なルールを策定するとともに、個人情報保護管理責任者を置く等組織を整備し、個人情報保護の実施及び適切な運用を行う体制を構築いたします。
  3. 個人情報の取得
    当社グループがお客様に個人情報をご提供いただく場合は、利用目的を明らかにし、お客様にお知らせした目的の達成に必要な範囲の個人情報を取得させていただきます。無断、又は不公正な方法でお客様の個人情報を取得することはありません。
  4. 個人情報の利用
    当社グループは、「個人情報保護に関する公表事項」に記載した利用目的の範囲内で個人情報を利用するものとし、その目的の範囲外で個人情報の利用又は提供を行おうとする場合には、事前にお客様の承諾を得るものとします。
  5. 個人情報の共同利用
    当社グループは、より付加価値の高いサービスを提供するため、個人情報を下記の通り共同で利用します。 なお、別途個人情報の取扱いについて定めている場合は、それに従います。

    (1) 共同して利用される個人データの項目
    氏名(ふりがな含)、電子メールアドレス、住所、電話番号・ファックス番号、勤務先(ふりがな含)、勤務先住所、勤務先所属、役職、勤務先電話番号・ファックス番号、パスワード、クレジットカード情報
    (2) 共同して利用する者の範囲
    当社および以下に記載する当社の子会社
    ・株式会社山下家
    ・片山津大江戸温泉物語株式会社
    ・株式会社レオマユニテイー
    ・大阪観光株式会社
    ・株式会社大江戸温泉レインボー
    ・合同会社香川県観光開発
    (3) 利用する者の利用目的
    ・宿泊、宴会、レストランサービス等の提供
    ・宿泊予約サービスの提供
    ・インターネット予約サービスの提供
    ・いいふろ会員の運営および特典の利用状況把握
    ・当社グループ各施設の最新情報・プロモーション情報・商品/サービス情報等のダイレクトメールでの送付・Eメールでの配信
    ・マーケティング分析を含む市場調査、商品開発
    ・お客様へお知らせする情報内容の選定における判断材料
    (4) 個人情報の管理について責任を有する者
    当社

  6. 正確性の確保
    当社グループは、お客様の個人情報を正確かつ最新の状態に保つよう、適切な措置を講じます。
  7. 安全管理措置
    当社グループは、お客様の個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩等個人情報に関するリスクに対して必要な予防措置および安全対策を講じて管理・保管していきます。
  8. 社内教育
    当社グループは、従業員に対する個人情報保護についての教育訓練を行い、その内容を社内に周知徹底させます。
  9. 委託先の監督
    当社グループがお客様の個人情報を利用するにあたっては、正当な利用の範囲内で個人情報を第三者に委託することがあります。委託先へは個人情報を厳重に管理することを義務付け、十分な管理監督を行います。
  10. 第三者提供の制限
    当社グループは、法令による場合等を除き、お客様の個人情報をお客様のご承諾なく第三者に提供・開示いたしません。
  11. 個人情報の開示・訂正等
    当社グループがお預かりするお客様の個人情報に関して、お客様が個人情報の照会、確認、訂正、削除等をご希望される場合には、個人情報に関する担当窓口までご連絡をいただければ、所定の手続きにしたがい合理的な期間内で速やかに対応させていただきます。
  12. 社内体制の継続的見直し
    当社グループは、個人情報に関して適用される法令、規則、規範を遵守するとともに、個人情報の取り扱いに関する規程およびそれを実行するための組織体制について、有効かつ適正な運用が持続的になされるよう継続的な見直しと改善を図ってまいります。

以上